栄養研の歴史

お茶の水女子大学生活科学部食物栄養学科 栄養化学研究室の歴史をご紹介します。

お茶の水女子大学が新制大学として発足した昭和24年(1949)には理家政学部でしたが、翌年(1950)家政学部として独立しました。当時食物学科は栄養学と食品学の2つの講座からなっていました。栄養化学研究室は本学発足以来60年の歴史を持っています。

  • 初代教授 稲垣長典(東京女子高等師範学校教授を併任 昭和24年)
    福場博保(助手1952、専任講師1953、助教授1955-1966)
    荒川信彦(助教授1966)
  • 教授 荒川信彦(1978)  助教授 倉田忠男(1978-1988) 大塚惠(専任講師1988、助教授1991)
  • 助教授 大塚惠  藤原葉子(専任講師1997、助教授1999)
  • 教授 脊山洋右(2000)、助教授 藤原葉子
  • 助教授 藤原葉子  助教授 池本真二(2006)
  • 教授 藤原葉子(2010) 専任講師 市育代(2011)
ホーム > 栄養研の歴史 | 栄養化学研究室