指導教員 赤松利恵

氏名
赤松 利恵(あかまつ りえ)

職名
教授

研究室
総合研究棟509

担当科目
(学部) 栄養教育論,栄養カウンセリング論等
(院前期) 栄養教育学特論等, (院後期) 食行動学等

 

学歴

同志社女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻 卒業
家政学学士, 管理栄養士・栄養士
神戸女学院大学大学院人間科学研究科健康科学専攻博士前期課程 修了 人間科学修士
京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻博士後期課程 修了 博士 (社会健康医学)

 

所属学会

日本栄養改善学会, 日本公衆衛生学会, 日本健康心理学会, 日本健康教育学会, Academy of Nutrition and Dietetics, 日本栄養・食糧学会, Society for Nutrition Education and Behavior

 

研究業績

論文・著書のページをご覧ください。

 

————————

昨年の研究室の様子を振り返りながら,コロナ禍にもかかわらず,無事,研究室を運営できてよかったと安心しています(まだ,今もコロナ禍ですが)。学生のみんなが工夫して,やってくれているおかげです。

高度経済成長期の研究を通して,経済成長は人々の生活を豊かにした一方,新たな課題をもたらしたことを実感しました。新型コロナウイルスも経済成長による環境破壊が関係しているといわれています。行動経済学といえば,今流行りのナッジと思いがちですが,行動経済学では,幸福やWell-beingの研究も扱っていて,今後の研究の発展により,いずれ経済成長の指標から,GDPがなくなるのでは?と思ったりしています。SDGsの目標達成の年の2030年には,大きく変わっていることでしょう。

そんな将来を見据えて,私たちもより良い社会と心豊かな食生活につながる研究をしていきたいと思っています。

研究や本研究室に関するお問合せは下記まで。

2021年4月
赤松 利恵
akamatsu.rie※ocha.ac.jp
※印をアットマークにかえてください。

ホーム > 指導教員 赤松利恵 | 栄養教育学研究室